PINGな人見つけた。「 Waste Management Phoenix Open」

今週は入場者が非常に多く、大盛り上がりするウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンです。3日目を終了して50万人を超えているそうです。名物の16番のPar3ではホール全体を囲むスタジアムが作られ、ナイスショットには惜しみない拍手と声援、そうでないショットには容赦ないブーイングが浴びせられることで有名なです。プロたちはこのホールでゴルフ以外のパフォーマンスを行います。ミケルソンはフットボールのボールをスタンドに投げていました。歌う選手もいます。松山君もスタンドにキャップを投げていました。一度、この時期にフェニックスに行ってこの雰囲気を味わってみたいですね。

開催場所はTPCスコッツデール(スコッツデール)。パターに革命を起こしたいわゆるピンパター(PING創業者カーステン・ソルハイムの発明)の発祥の場所であり、初期製品には工場の住所であるスコッツデール(現在の工場はフェニックス)が刻印されおり、ピン・スコッツデールとして人気が出ました。

大会会場までPINGの本社から車で30分の位置にあり、まさにPINGのお膝元で行われる大会です。

よって、マスターズチャンピオンで2日を終了してトップタイのババ・ワトソンをはじめ多くのPING STAFFが出場しています。最近では2010年のハンター・メイハン、2011年のマーク・ウィルソンのPING STAFFが優勝しています。
そんな中でおなじみGOLF WRXのフォトページから、PINGな人を見つけてみたいと思います。

 

先ずは

今週も出場、K・J・チョイさん


名物の16番Par.3のスタジアム


2010年ハンターメイハン,2011年マーク・ウィルソンの歴代優勝者はPING STAFF。


マーチン・カイマー


モデルはカーステン、プロだから高価なパターを使うわけではありません。


歴代チャンピオン、マーク・ウィルソン。


こちらも、歴代チャンピオンのハンター・メイハンのバッグです。


ルーク・グスエ―


ハンター・メイハン


ビリー・ホーシェル。


ブラント・スネデガーとコーチ:トッド・アンダーソン(だと思います)


ハンター・メイハン、リッキー・ファウラー、先週優勝のスターリングスのスタート


リッキーは大人気なんですよ。アメリカに行ったら何人ものリッキーとある事が出来ます。


デビッド・リングマース。i20ですね~。


ベテラン・ジェフマガート


出ました、リー・ウェストウッド


2年前までアリゾナの住人バッバ・ワトソンは3日目を終わって-15トップです。

松山君も-12で3位タイ。どちらを応援するか迷います。

豆知識
この大会のスポンサーはごみ収集の会社。3日は環境を見直すということで、プレーヤーやキャディは緑色を身につけてプレーします。バッバはグリーンのウェア。キャディさんはキャップのPINGのロゴが鮮やかなグリーンでした。松山君のサングラスのフレームが緑でした。こういった取り組みはスマートですね。最終日はアメリカでもっともフィーバーするスポーツイベント、スーパーボウルの日、フェニックスの人は昼間はゴルフで盛り上がり、夜はフットボールで盛り上がります。

試合結果はケビンスタドラーでした。親子でPGA優勝という快挙です。バッバは最終日伸ばすことができませんでした。ちぐはぐなゴルフでした。バッバが優勝できなかったのは残念ですが、最後にPINGな人見つけちゃいました。
PGAより
優勝のスタドラーのパター。PINGです。ゴルフネットワークでしっかり確認しました。