i25使用の一ノ瀬優希選手とカニサレス優勝!

一ノ瀬優希選手が「PRGRレディスカップ」に於いて、プレーオフの末、優勝を勝ち取りました。おめでとうございます。
一ノ瀬優希選手
今季から使用しているi25が優勝に貢献しました。今季、先ず1勝という事でこれからも期待できますね。

さて、今週はもう一人優勝の報告です。スペインのALEJANDRO CAÑIZARES(アレハンドロ・カニサレス)選手です。
カニザレス
「ハッサンⅡゴルフトロフィー」で2位に5打差をつけての圧勝です。カニサレス選手も今年からアイアンをi25にチェンジしています。

PING NEWS

2つの優勝に貢献したi25アイアンの特徴は

  • ロングアイアンが高弾道、ショートアイアンが操作性のある強弾道

    ロングアイアンでの高い弾道は、長い距離を攻める場合に必要なキャリーの確保に貢献します。これまで、花道を絡めてせめていたピンに対して、直接、ピンを攻めることが可能になりチャンスが広がります。
    一方ショートアイアンについては、高い弾道より弾道を低く抑えて、縦距離を意識し、スピンで止める方が上級者は好むのではないでしょうか?出だしから高く上がってしまう弾道では風の影響も大きくなり好まれません。

  • 距離のばらつきの減少
    距離のばらつきが少ないという事はショットの成功率を上げる要素となります。
  • 打感の向上
    クラブからの良いフィーリングのフィードバックは良いプレーを続けるうえで需要な要素となります。

偶然ですが、昨日のクラブフィッティングで選択いただいたのがi25。1月初めに1回目のフィッティングを行い、選択されたのが打感が決め手となったANSERアイアンでしたが、2月にはi25が発売になるということで少し時間をおいていました。今回はANSERとi25とのパフォーマンスを比較を中心に行いました。ANSERに比べて距離、高さがアップしており、1月のフィッティングで、決め手となった打感は、ANSERに比べても遜色がな位という事でi25の選択となりました。

今年は新しいクラブで中部アマ・オープンにチャレンジして好成績を残してほしいと思っています。