G30シリーズフィッティング開始

当フィッティングスタジオにおいても、G30シリーズのフィッティングをいよいよ開始致します。「G30ドライバー優勝に貢献」でタービュレーターによる空気抵抗の減少による効果を書きましたが、今回は改めてG30ドライバーの飛びのポイントを紹介しまます。

<G30ドライバー飛びのポイント>

●空気抵抗を減らして飛ばす新機能「タービュレーター」

従来のクラブの場合、インパクトゾーンでクラウン後方部の空気抵抗が大きく、ヘッドスピードに影響を与えてました。今回、洞実験により空気抵抗を減らし、よりヘッドスピードを上げる効果がある事が証明されたタービュレーターを搭載することにより、クラウン後方部の空気抵抗が軽減。その結果、ヘッドスピードが上がり、タービュレーターがさらなる飛距離アップへと導き出していきます。全てのレベルのプレーヤーが最大飛距離を生み出す為に開発されています。アドレス時においては、プレーヤーによりつかまるような見た目を生み出し、アラインメントにも役立ちます。

G30T

●フェースのたわみで弾いて飛ばす「T9S」チタン

超軽量高強度の新素材「T9S」チタンをフェース素材として採用。その結果、劇的に軽量&薄いフェースが完成し、フェースのたわみで大幅な飛距離アップを可能にしました。

G30TS9

●抜群の安定性&方向性「深低重心・高MOI」

PING史上、最も深く低い重心位置を実現し、最適な高打出し&低スピン性能を実現しました。MOIも上下・左右と最大になり、インパクト時に伝達するパワーが増すだけでは無く、ミスヒット時においても最大飛距離を実現する寛容性の高い安定感抜群の重ヘッドです。

G30MOI

●直進性抜群の「SF Tecドライバー」ストレート・フライト・テクノロジー)
G30にはプレーヤーに応じて2種類のヘッドを用意しています。SF Tec(ストレート・フライト・テクノロジー)は、目標よりも右に行く事が多いプレーヤー向けです。ソールウェイトをヒール寄りに配置することによって、インパクト時にはヘッドがスクエアに戻り易い設計となります。さらに、にスイングウェイトを軽くし、プレーヤーが追い求めていた理想のドローボールを実現させたヘッドが最大飛距離を約束します。2種類のヘッドによる選択肢で、ゴルファーの飛びに合った最適なドライバーを提案していきます。

 G30SFT


●軽量ホーゼル&新ロフト調整機能(±1度)
アジャスタブルホーゼルは従来のホーゼルと同じ外径と重量となり、軽量に保つ事からパフォーマンスを犠牲にする事無く搭載。ロフトを最適角度に調整する事が最大飛距離を生むために重要です。G30ドライバーのアジャスタブルホーゼルには、5つのセッティングが有り、標準ロフトから最大±1度の範囲で最適ロフトに調整が可能です。

G30NH