ボールフィッティング by nFlight まとめ

有名ブロガーのきんぞうさんのボール選びをnFlightを利用して行った結果を前の記事としました。今回はそれをまとめてたいと思います。

下の評は、全ての試打結果をトータル距離で並べ上位を示しました。TOPは「Callaway SR2」です。「TOUR B330S」もいいようです。

BALL 初速 打ち出し
角度
バック
スピン
曲がり 落下
角度
落下
地点
キャリー トータル
Callaway SR2 64.6 17.7 2946 5 40.2 12 255 277
ProV1x 62.9 18 2088 -8 35.6 -13 247 275
TOUR B330S 63.4 17.3 2514 -8 36.7 -14 248 273
TGーW1 62.7 15.9 1802 -5 30.3 -6 237 269
TOUR PREFERRED 63.1 17 2687 8 36.9 20 245 269
TOUR B330 63.3 16.9 2896 -4 37.8 0 248 269
X-01 63.2 16.5 2799 2 38.5 -7 245 269
TOUR B330S 63.2 17.6 3047 4 39.4 12 247 269
XXIO AERO SPIN 61.7 18.1 1427 -9 31.9 -4 236 268
TOUR PREFERRED 63.7 17 3296 13 38.3 27 246 267
Z-STAR XV 63.3 14.7 2568 4 33.5 -10 240 265
Callaway SR2 62.5 15.6 2648 -2 33.6 -1 239 265
TOUR B330RX 62.9 16.2 2779 10 35.5 20 241 265
TOUR B330RX 62.7 16.1 3171 -3 36.7 10 242 264
Callaway SR2 62.4 17 3229 11 38.2 30 239 261

次は初速順です。やはり初速がでると飛距離もでます。TOTAL飛距離よりもキャリーと相関があるようです。

BALL 初速 打ち出し
角度
バック
スピン
曲がり 落下
角度
落下
地点
キャリー トータル
Callaway SR2 64.6 17.7 2946 5 40.2 12 255 277
TOUR PREFERRED 63.7 17 3296 13 38.3 27 246 267
TOUR B330S 63.4 17.3 2514 -8 36.7 -14 248 273
TOUR PREFERRED 63.4 16 4042 7 41.6 13 241 258
TOUR PREFERRED 63.4 16.4 4795 25 45.8 27 226 240
TOUR B330 63.3 16.9 2896 -4 37.8 0 248 269
Z-STAR XV 63.3 14.7 2568 4 33.5 -10 240 265
X-01 63.2 16.5 2799 2 38.5 -7 245 269
TOUR B330S 63.2 17.6 3047 4 39.4 12 247 269
TOUR PREFERRED 63.1 17 2687 8 36.9 20 245 269
Z-STAR XV 63.1 16.6 3814 3 41 17 241 260
ProV1x 62.9 18 2088 -8 35.6 -13 247 275
TOUR B330RX 62.9 16.2 2779 10 35.5 20 241 265
TGーW1 62.7 15.9 1802 -5 30.3 -6 237 269
TOUR B330RX 62.7 16.1 3171 -3 36.7 10 242 264
Callaway SR2 62.5 15.6 2648 -2 33.6 -1 239 265
Callaway SR2 62.4 17 3229 11 38.2 30 239 261
XXIO AERO SPIN 62.4 18.1 3684 22 42.9 23 237 255
X-01 62.4 13 2350 -10 26.8 -17 224 254
TOUR B330RX 62.4 16.5 4135 17 42.2   232 249
TGーW1 62.1 14.8 2534 -8 31.2 -12 232 260
ProV1x 62.1 16.3 4083 9 41.5 5 234 252
ProV1x 62 16.2 3885 9 40.2 9 235 253
XXIO AERO SPIN 61.7 18.1 1427 -9 31.9 -4 236 268
TOUR B330 61.6 13.5 3620 -5 33.3 -20 228 250
TGーW1 61 15.6 2794 4 33.3 -6 230 255
TOUR B330 60.9 16.8 3857 14 40.5 11 248 248
XXIO AERO SPIN 59.8 14.9 3446 11 37.9 6 222 244
TGーW1 57.1 18.6 2126 -3 37.4 -7 215 242

 また、スピンが少ないと距離がでます。しかし、こちらの方はTOTAL距離の方が相関があるようです。偶然かもしれませんが上位は全てドローボール(曲がりがマイナスはドロー)です。こういう風にならべると「TGーW1」が良く見えますよきんぞうさん。

BALL 初速 打ち出し
角度
バック
スピン
曲がり 落下
角度
落下
地点
キャリー トータル
XXIO AERO SPIN 61.7 18.1 1427 -9 31.9 -4 236 268
TGーW1 62.7 15.9 1802 -5 30.3 -6 237 269
ProV1x 62.9 18 2088 -8 35.6 -13 247 275
TGーW1 57.1 18.6 2126 -3 37.4 -7 215 242
X-01 62.4 13 2350 -10 26.8 -17 224 254
TOUR B330S 63.4 17.3 2514 -8 36.7 -14 248 273
TGーW1 62.1 14.8 2534 -8 31.2 -12 232 260
Z-STAR XV 63.3 14.7 2568 4 33.5 -10 240 265
Callaway SR2 62.5 15.6 2648 -2 33.6 -1 239 265
TOUR PREFERRED 63.1 17 2687 8 36.9 20 245 269
TOUR B330RX 62.9 16.2 2779 10 35.5 20 241 265
TGーW1 61 15.6 2794 4 33.3 -6 230 255
X-01 63.2 16.5 2799 2 38.5 -7 245 269
TOUR B330 63.3 16.9 2896 -4 37.8 0 248 269
Callaway SR2 64.6 17.7 2946 5 40.2 12 255 277
TOUR B330S 63.2 17.6 3047 4 39.4 12 247 269
TOUR B330RX 62.7 16.1 3171 -3 36.7 10 242 264
Callaway SR2 62.4 17 3229 11 38.2 30 239 261
TOUR PREFERRED 63.7 17 3296 13 38.3 27 246 267
XXIO AERO SPIN 59.8 14.9 3446 11 37.9 6 222 244
TOUR B330 61.6 13.5 3620 -5 33.3 -20 228 250
XXIO AERO SPIN 62.4 18.1 3684 22 42.9 23 237 255
Z-STAR XV 63.1 16.6 3814 3 41 17 241 260
TOUR B330 60.9 16.8 3857 14 40.5 11 248 248
ProV1x 62 16.2 3885 9 40.2 9 235 253
TOUR PREFERRED 63.4 16 4042 7 41.6 13 241 258
ProV1x 62.1 16.3 4083 9 41.5 5 234 252
TOUR B330RX 62.4 16.5 4135 17 42.2   232 249
TOUR PREFERRED 63.4 16.4 4795 25 45.8 27 226 240

ボールの曲りで並べてみました。フックからスライスへと並べてあります。これで見ても揃っているのは「TG-W1」の曲り幅(ドロー)がそろっています。フェード系であれば「Z-STAR XV」が揃っています。「B330」もそろっています。

BALL 初速 打ち出し
角度
バック
スピン
曲がり 落下
角度
落下
地点
キャリー トータル
X-01 62.4 13 2350 -10 26.8 -17 224 254
XXIO AERO SPIN 61.7 18.1 1427 -9 31.9 -4 236 268
ProV1x 62.9 18 2088 -8 35.6 -13 247 275
TOUR B330S 63.4 17.3 2514 -8 36.7 -14 248 273
TGーW1 62.1 14.8 2534 -8 31.2 -12 232 260
TGーW1 62.7 15.9 1802 -5 30.3 -6 237 269
TOUR B330 61.6 13.5 3620 -5 33.3 -20 228 250
TOUR B330 63.3 16.9 2896 -4 37.8 0 248 269
TGーW1 57.1 18.6 2126 -3 37.4 -7 215 242
TOUR B330RX 62.7 16.1 3171 -3 36.7 10 242 264
Callaway SR2 62.5 15.6 2648 -2 33.6 -1 239 265
X-01 63.2 16.5 2799 2 38.5 -7 245 269
Z-STAR XV 63.1 16.6 3814 3 41 17 241 260
Z-STAR XV 63.3 14.7 2568 4 33.5 -10 240 265
TGーW1 61 15.6 2794 4 33.3 -6 230 255
TOUR B330S 63.2 17.6 3047 4 39.4 12 247 269
Callaway SR2 64.6 17.7 2946 5 40.2 12 255 277
TOUR PREFERRED 63.4 16 4042 7 41.6 13 241 258
TOUR PREFERRED 63.1 17 2687 8 36.9 20 245 269
ProV1x 62 16.2 3885 9 40.2 9 235 253
ProV1x 62.1 16.3 4083 9 41.5 5 234 252
TOUR B330RX 62.9 16.2 2779 10 35.5 20 241 265
Callaway SR2 62.4 17 3229 11 38.2 30 239 261
XXIO AERO SPIN 59.8 14.9 3446 11 37.9 6 222 244
TOUR PREFERRED 63.7 17 3296 13 38.3 27 246 267
TOUR B330 60.9 16.8 3857 14 40.5 11 248 248
TOUR B330RX 62.4 16.5 4135 17 42.2   232 249
XXIO AERO SPIN 62.4 18.1 3684 22 42.9 23 237 255
TOUR PREFERRED 63.4 16.4 4795 25 45.8 27 226 240

いろいろ並び替えて見えてきたことは、固いといわれているボールは初速がでるが、きんぞうさんの場合、スピン量が多いということです。
きんぞうさんのスイングは試打結果からみてもほぼスイングプレーン(若干インサイドアウト)通りでフェースが開いてインパクトを迎え、あまりフェースターンがないスイングです。

ドライバーでボールがあまりつぶれていません。スマッシュファクターが1.36MAXですので多分そうだと思います。

私はこのように解釈しました。

最近のボールはドライバーではボールのつぶれを多くしてスピン量を減らし、アイアンやアプローチではボールがつぶれないようにして、表面の素材をフェースに食いつくかせてスピンを増やしています。
きんぞうさんの場合、フェースが開いた状態でインパクトすることが多いので、コアが固いボールではコアがつぶれ切れず、スピンを減らす「ボールのつぶれ要素」よりも、表面の素材によって、フェースに食いつかせスピン量を増やす「食いつき要素」が強く出るのではないかと。

きんぞうさんのコースではBSの「B330」が思ったよりも全然飛ばないのは、スピン量が多いためではないかということです。きんぞうさんのバックスピン量がら察するとnFlightの設定よりはコースではもっとランが少ないのではと思います。

そういう観点から、きんぞうさんにとってちょうどいいつぶれぐらいを探がすということは、ほぼストレートの弾道で打出し角度が17度未満、バックスピンが2800rpm以下のボールが探すということではないでしょうか?

ということで 

BALL 初速 打ち出し
角度
バック
スピン
曲がり 落下
角度
落下
地点
キャリー トータル
X-01 62.4 13 2350 -10 26.8 -17 224 254
TOUR B330 61.6 13.5 3620 -5 33.3 -20 228 250
Z-STAR XV 63.3 14.7 2568 4 33.5 -10 240 265
TGーW1 62.1 14.8 2534 -8 31.2 -12 232 260
XXIO AERO SPIN 59.8 14.9 3446 11 37.9 6 222 244
Callaway SR2 62.5 15.6 2648 -2 33.6 -1 239 265
TGーW1 61 15.6 2794 4 33.3 -6 230 255
TGーW1 62.7 15.9 1802 -5 30.3 -6 237 269
TOUR PREFERRED 63.4 16 4042 7 41.6 13 241 258
TOUR B330RX 62.7 16.1 3171 -3 36.7 10 242 264
ProV1x 62 16.2 3885 9 40.2 9 235 253
TOUR B330RX 62.9 16.2 2779 10 35.5 20 241 265
ProV1x 62.1 16.3 4083 9 41.5 5 234 252
TOUR PREFERRED 63.4 16.4 4795 25 45.8 27 226 240
X-01 63.2 16.5 2799 2 38.5 -7 245 269
TOUR B330RX 62.4 16.5 4135 17 42.2   232 249
Z-STAR XV 63.1 16.6 3814 3 41 17 241 260
TOUR B330 60.9 16.8 3857 14 40.5 11 248 248
TOUR B330 63.3 16.9 2896 -4 37.8 0 248 269
TOUR PREFERRED 63.1 17 2687 8 36.9 20 245 269

「TW-G1」
2014-09-19 05.27.17
きんぞうさんにとっては少し柔らかめだと思いますがいいボールだと思います。きんぞうさん曰く、ロゴマークが問題だということですので、非常にハードルが高いボールです。もう少しだけ固いボールがあれば最高でしょう。

「Callaway SR2」
2014-09-19 04.19.30
これもちょうどいい固さ。HONMAより障害は低そうですが、このボールもロゴ問題が障壁となっています。

「X-01」
2014-09-19 03.53.23
やはり、エースボールは選択されます。

今回、測定しませんでいたがProV1が以外といいかもです、でもコースでは結果がでないということでした。今年は各メーカー新製品を出してくると思いますので、新しいボールの中にいいボールがあるかもしれません。

もうひとつの方法はスマッシュファクターの高いスイングを目指すことでしょうか?ヘッドスピードが落ちても飛距離が落ちない正しいリリース。取りあえず1.38を目標に!

ここだけの話ですが、出来ている人は上級者でも少ないですよ。スコアとあまり関係ないかもしれません。インストラクターをしていてもそうかもしれません。ツアープロは別だと思いますが。

RIMG0499

 

予約受付中