タイトリスト・プロV1・プロV1x

以前きんぞうさんの協力を得て、ボールフィッティング by nFlight(まとめ)という企画を行いましたが、ティショット、アイアンショット、グリーン周りのコントロールショット、パッティングに至るまで自分のプレースタイル、フィーリングに合ったものを使うことは重要です。

今シーズンは主要メーカーの上級者用のボールの変更が行われる年で、企画時にはブリジストンが既に変更となっていましたが、現在ではスリクソン、タイトリストも変更となり発売されています。

私自身はまだ使用していませんが、自分自身の頭の整理もかねて新しい「タイトリストプロV1・V1X」の紹介をしたいと思います。今後紹介したいと思いますが、今回は自分自身の頭の整理もかねて書いてみたいと思います。

2013年モデルのまでのタイトリストプロV1またはV1Xについては、
プロV1=スピン
V1X=弾道の強さ
という印象です。プロV1に関してはグリーン周りでの安定したスピン性能が優れています。グリー周りの安定度はV1に少し劣るものの風の中での安定した飛びが魅力でした。

特段の理由がない場合はプロV1・V1Xのどちらかを使うのでエースボールはPROV1シリーズってことになると思います。理由ですが、入力した力(=スイングスピード)と比例した出力(=飛距離)が得られるということです。もちろん飛距離が出てスピンがかかるということでいえばもしかしたら他のボールの方がいいかもしれませんが、打ったら打っただけを実現してくれるコントロールしやすいボールが「">タイトリストプロV1・V1X」なのです。

新しいプロV1は、進化したショートゲームコントロール性能と非常にソフトな打感を実現。高い飛距離性能と風に負けない強い中弾道で、優れた耐久性も兼ね備えています。

一方、新しいプロV1Xは、進化したショートゲームコントロール性能と、よりソフトな打感を実現。打ち出しが高く、余分なバックスピン量を軽減することで驚異的な飛距離性能を発揮し、中高弾道の大きな飛びと、優れた耐久性も兼ね備えています。

と説明してあります。プロV1に比べてプロV1Xの方が弾道が高いということから女子の方がプロV1Xが飛距離が出ると思いますのであっているのではないかと思います。数世代前のボールの時はヘッドスピードでプロV1とV1Xを選択するようにような選択方法で女子はプロv1という選択が多かったと思います。最近は、テーショットで大きいキャリー、高い球でグリーンを攻める必要性からが国内女子契約プロはプロV1Xを使用しているプロがほとんどになっています。

低い球筋を駆使する、左右に曲げる球、低く出してグリーンにキュキュッと止める。パターでどうしてもソフトなフィーリングが欲しい人以外はプロV1Xを選択するほうがスコアアップにつながりそうです。しかし、プロV1をつかってボールを操る魅力も捨てがたいと言えそうです。

最後に新しいプロV1とプロV1Xについてタイトリストがビデオを出しているのでみてみましょう。

弾道解析を使ったボールフィッティングをお受けいたします。

cooltext1927928097

 

タイトリストゴルフボールは

top2