ジュニア強化選手選考会練習ラウンド

3月30日、31日にジュニア強化選手選考会が高岡CC頼成コースで行われるので、高岡第一高校ゴルフ部として練習ラウンドが組まれました。練習に参加したのは選考会に出場する選手を中心に7人。全国高等学校ゴルフ選手権出場のエースの富岡君は移動日です。

全国高等学校ゴルフ選手権を視察した直後だったので余計にそう感じたのかもしれませんが、まだまだ、ラウンドにおいて一部ではありますが、ショットに入る前の準備作業が出来ていませんでした。

全国大会の出場選手はショットに入る前の準備作業。距離のチェック(歩測)、風の確認、ボールのライの確認、平らではない場所ではそのライの影響がショットにでますので自分の番がくるまでは素振りを繰り返して体の動きを確認するなどの動作をしています。
他の選手の状況を確認しながら、他の選手の邪魔にならないように行います。ラウンドの様子を見ていても、選手の所作に無駄がなく適度な緊張感を漂わせ、見る方も気持ち良いものです。

全国大会に出るようになって、それが出来るようになったのか?それが出来るようになったから全国大会に出場するようになったのか?

それがすべてではありませんが、少なくとも、私たちが携わった選手で全国大会に出場した選手はそれが出来ていたように思います。

ゴルフは成功の確率のを高めるスポーツ成功率を高める事はスコアアップに直結します。成功への習慣を身につけて欲しいと思います。頑張れ高一ゴルフ部!

327tcc
No.12Par5でのパーパット。しっかり決めてパーセーブ(写真は本文とは関係ありません)