Medicusで練習!

  • 印刷

 知っている方も多いと思うのですが、クラブシャフトの途中で折れ曲がってしまう。練習用のクラブがあります。

最近は中国製の偽物も出回っているMedicus(メディカス)です。正しいスイング軌道を導いてくれるツールです。

クラブシャフトが折れ曲がる方向がアドレスすると、ターゲットラインとなります。手首だけでクィっとバックスイングをしようものなら、途端に折れ曲がってスイングさせてもらえません。

バックスイングのコツは出来る限り、大きな弧をクラブヘッドで描くようにバックスイングを開始し、シャフトが折れ曲がる力よりも、それを阻止するような遠心力をクラブヘッドに与えることになります。

トップで折れ曲がらないようにするには、右手の甲側が折れる正しいトップを作らないといけません。

ダウンスイングで折れ曲がらないようにすることは、ラグを発生させ、TOPの形を崩さないようにスイングをすることです。

RobinSymesGolfが9/16にアップロードしたスイングのキーポイントです。
ちょうどこんな感じでダウンスイングするんです。

土曜日のレッスンでは、遠心力の発生を意識してスイングの練習をしました。

何度か練習していると、Medicusで打てるようになりました。

これによって、うまくラグを使えるようになしました。

 

フィッティングのお申し込みは


または

このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 こちらまで。

LB
GolfShop LB

ダウンロード  facebook
楽天市場PING 専門店 GolfShop エルビー

 facebook

 twitter